言葉に出すことで英語が身につく

英語というのは教科書で勉強し、どれだけテストで良い点を取ったとしてもそれだけでは真の英語力というのは身につかないものです。そもそも教科書などで目で見て英単語や英文を覚えたとしても、それだけでは英会話はできません。発音や言葉の流れなどが身につかなければ相手に伝わる英語とはならないのです。
なので英語を学習する上で一番大切なのは本場の英語を耳で聞き、それを何度も繰り返し自分の言葉で発音し練習することだと思います。
さらにネイティブと会話をしてくことで自ずと英語が身についてくるのではないでしょうか。もちろん最初はなかなか相手に伝わらないかもしれません。ですがそこで挫けず恥ずかしがらず下手でもまずは口に出して、相手に伝えてみることが必要だと思います。例えばそれはちゃんとした英文になっていなくともいいのです。たとえ単語の羅列であっても自分の思いを相手に伝えたいという気持ちで言葉に出してみるのが良いと思います。それで、やはりそういう環境を作るためにも、留学が一番効率的ですね。