英語は使ってナンボ

つい最近、英語学習の成果を実践したときがありました。
それはある外国のスポーツ選手へ、ツイッターでメッセージを送ろうとしたときです。その選手の母国語は英語ではないのですが、ご本人はとても流暢に英語を話します。
たとえ英語が話せないとしても、海外の人に何か言葉を送るとしたら英語でしょ、と思って合う言葉を考えて応援用のハッシュタグをつけてツイートしました。
・・というと簡単に英語でメッセージが送れたと思うかもしれませんが、実際はそうではありません。2~3単語の文章を二つくらい、これくらいの短いメッセージを入力するのにとても時間がかかりました。自分がいいたいことをそのまま英語にする実力はなく、最低限これだけはいいたいという言葉に絞って、それをおかしくない英語にするわけです。
ネットで単語を検索して探しつつ、どうにかつぶやきました。こんなに疲れるつぶやきは初めてです(汗)勉強しているとはいえ、実際に公の場に入力する緊張感はけっこう大きいです。でも、こうやって慣れていくしか英語力を伸ばす方法はないんじゃないかと思います。もちろん私のツイッターなどは第一歩のその手前くらいでしかありませんが、やっぱり使わなければ伸びることもないと思うんです。そういう意味で、やっぱりオンライン英会話を毎日やっている人とか、留学した人とかは違ってくると思います。知り合いにロサンゼルスに語学留学している人がいるのですが、やっぱり3か月位ですごい伸びたそうです。そりゃそうですよね、毎日すべて英語なんですから。やっぱり、英語は使ってなんぼだと思います。